ふんどしパンツでお尻ツルツル♪

こんばんは!
今年は、悪天候でハロウィンを満喫できなかった方が多いようですが、そもそも一度もハロウィンを味わったことのないmimiperuru(ミミペルル)です。いつかくるハロウィンパーティーに向けて、いろいろと脳内準備を行っていますが、笑いを取りに行くか、見た目の可愛さを取りに行くか、オキに行くか、なかなか定まりません。みんな、本格的な仮装していて本当に凄いです( *´艸`)

そんなハロウィンが過ぎると、街は一気に冬支度が始まり、クリスマスムード全開になりますね。子どものころから慣れ親しんだ習慣なのかもしれませんが、「クリスマス」というワードにはとってもテンションが上がります♪街のイルミネーションの雰囲気や、お店の飾りつけも大好きで、寒いのは苦手ですが、色々とお出かけをしたくなる季節です。

そして今の時期は春に次いで、カップルの誕生が増える季節でもあるみたいですよー。やっぱり、冬は寒いから恋人と温まりたいよね。ヒューヒュー!←古い。

で、そんなクリスマスの恋人達のイベントに向けて、気になるのが身体・・・(‘Д’)

意外と見落としがちなお尻、だけどみんな大好き(?)お尻。


カサカサしていませんかー??黒ずんでいませんか??

前日に慌ててスクラブしても、慌ててボディークリーム塗りこんでも、一瞬の応急処置に過ぎません!!

お尻をツルツルにするには

お尻の黒ずみ・乾燥を防ぐ方法は二つ。毎日の積み重ねのケアが大切です。
①締め付け感のある下着、衣類の着用は避ける
②保湿をする
③栄養バランスの良い食事を心がける

①締め付け感のある下着・衣類の着用は避ける
黒ずみの原因は、締め付け感のある下着や衣類の着用による摩擦や圧迫により、血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。これにより皮膚の新陳代謝が乱れると、古い角質が落ちなくなり、皮膚が新しい細胞に生まれ変わらなくなります。そうなると、肌にはメラニン色素が増え、ダメージから皮膚を守ろうとしてお尻の黒ずみにつながります。
通常の下着には、足の付け根部分にゴムが入っているため、Vラインからお尻にかけて広範囲で黒ずみの原因となってしまいます。そのほかにはスキニーパンツなどもお尻や膝の黒ずみの原因となります。数年前、私は仕事の都合もありパンツを良く履いており、中でもスキニーパンツがお気に入りでした・・・。おかげて、膝もお尻も黒ずみがひどく、無くすのに苦労しました( ˘•ω•˘ )
とは言え、着たい服を我慢することは細胞も喜ばないので、出来る範囲でお家にいる時など、なるべく締め付け感のない下着&衣類を着用するようにしましょう♪

②保湿をする
保湿も美HIPには重要なポイントです。お風呂上りなどに、小まめに美容液や保湿クリームを塗ることも大切ですが、下着選びも重要ポイント!!ポリエステル・ナイロン・アクリルなどの素材は水分吸収率が低いため、吸い取った汗をすぐに蒸発してしまい、カサカサの肌へ導いてしまいます。
逆に綿・シルク・レーヨンなどの素材は水分吸収率が高く、パンツの中の湿度を一定に保ち、乾燥肌を引き起こすのを防いでくれます。

③栄養バランスの良い食事を心がける
「食べたいものを食べる」のが私の持論なので、あまり栄養バランスは気にしていないのですが、とはいっても人は食べたもので出来ています。肉・魚・納豆・大豆などのたんぱく質と生野菜やフルーツなどのビタミン類、海藻類などが肌に必要な栄養素を積極的にとれると良いですね。嫌いなものを無理して食べてもお肌に良くないので、あくまでもバランスを考えながら食べたいものを美味しく頂くというモチベーションがお肌にも優しい気がします!(^^)!

ふんどしパンツでお尻ケア

ふんどしパンツには鼠経部(足の付け根部分)にゴムを使用していない為、Vラインからお尻にかけての締め付け感が一切ありません。摩擦による黒ずみを防ぐことが出来ることに加えて、血液やリンパの流れも改善されますので、皮膚の新陳代謝が良くなりターンオーバーを助けてくれます。
また、mimiperuru clarteのふんどしパンツは、内側(肌に触れる部分)にはすべてシルクやコットンなどの天然素材を使用しています。履いて、痒みなどの違和感がないだけではなく、保湿効果も期待出るのです。

実際、私がふんどしパンツを着用するようになり、一番に効果を感じたのが「お尻スベスベ」でした( *´艸`)
もちろん、保湿オイルやボディークリームなどのケアと並行して行ったので、ふんどしパンツだけの効果ではありませんが、併用することで結果が出てるまでの期間は確実に早送りされます♪♪

クリスマスまであと2か月弱♡ツルツルお肌で、特別な日を楽しみましょう( *´艸`)良いなー(おっと)

mimiperuru clarteふんどしパンツはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP