作家が死ぬときは読者の声を取り入れた時

おはようございます。mimiperuru(ミミペルル)デザイナーのみどりです。
朝から怖いタイトルになってしまいました~( ゚Д゚)

先日、ハンドメイドアクセサリーの入門講座を開催した際、「売ったら売れるかな?稼げるかな??」というご質問を頂いたので、私なりの見解をお伝えしたいと思います。

売れるか?売れないか?と言ったら、売れます!!
だけど、稼げるか?と言われたら、その時点で売れなくなってしまうと思います。

なので、今初めてすぐに稼げるのか?という点については、「ものすごく人脈がある」「ずば抜けたセンスがある」「大手ブランドで企画・プロモーション経験がある」などがなければ、独立して会社員と同じくらいまで稼ぐことは難しいのではないかなと思います。ですので、すぐに稼ぐこと目的でしたら、他の方法をおすすめします。

私自身、このアクセサリー制作は「心地よくやりたい事」なので、(もちろん最終的にはこれが専業になることを目標にしていますが)無理に今アクセサリーで稼ぐことには執着せず、他のお仕事と並行することで安心して心地よく作れています。

やっぱり、ハンドメイドって不思議なんですが、とっても作り手の波動やエネルギーが乗ります。私の場合これが特に強いかもしれません。
(男性が、好きではない女性からの手編みのマフラー嫌がりますよね。あれは、相手に好きになってほしいというコントロールしようとするエネルギーが乗っているからだと思います)
これは、今もまだ実験中なのですが、「自分が良い!!!」と思ったものだけを、軸をブラさずに作り続けること。これが、ハンドメイド作家には必要だと感じています。不思議なんですけどね、自分が良い状態の時に作ったもの、これ可愛い!と思って作ったものって、時間がかかっても必ず誰かの元に届くんです。これ〇〇ちゃんに似合いそうだな~と思いながら作っていると、何故かその子から連絡が来たりするんですね。人のエネルギーって凄いですよね!

逆に、お金が不安になって「売らなきゃ」と思って作ったものって、良いものが出来上がらないんです。「トレンドを意識する」「季節感を意識する」って企業や大手ブランドでは当たり前のことですが、私の場合このやり方だととても辛くなって、良いものが仕上がらないという結果になってしまうんです。

自分が買う側だとしても、いつもワクワクしている明るい人から買いたいですよね。
逆に売れろー売れろーと怨念たっぷりな人からは同じ商品でも買いたくないですよね。

人のエネルギーって連鎖するので、ワクワクした幸せな気持ちで作れば、ワクワクした人が買ってくれて喜んでくれて、不思議と良い連鎖が起こっていきます。
これが私が「心地よく作ること」に拘っている理由です。理想の理想は、全国を旅しながらアクセサリーを作ること!色んな土地の良い空気を吸いながら、作るアクセサリーってめちゃくちゃ波動が高そうじゃないですか!?そしたらもっともっと、たくさんの良いエネルギーがお届けできると想像しただけでワクワクします( *´艸`)

だけど、結果が売り上げとして現れない時って、やっぱり不安になることもあります。
だれからも求められないのかな?良いと思うのは私だけなのかな?商品見直した方が良いのかな?

そんな時に励みにしているのが、タイトルの言葉「作家が死ぬときは読者の声を取り入れた時」です。
死ぬっていう言葉の表現は怖いですが、「輝けなくなる」など作家として良いものを提供できなくなるということですね。

作家もハンドメイド作家も同じ職人なので、やはり自分の軸や自分が良いと思ったものをただ作り続ける!という事が大切だと思います。
10人中9人が振り向いてくれないとしても、1人でも良いと言ってくれる人がいるならば、その人の為に作り続けたい!と思っています。

後は、これはハンドメイド作家に関わらず、誰にでも共通することですが、未来の自分をどれだけ信じられるか?にかかっているのではないかなと感じています。

ハンドメイド物販はレッドオーシャンと言われ、「個性を出さないと!」「他の人に作れないものを作らないと!」「作品に統一感をださないと!」と言われ、とっても辛い時期がありました。作りたいものを作れない。個性がなかなか見つからない。何度も辞めようかなと思いましたが、今は私が私のエネルギーを乗せられるのもが唯一無二の商品だと思っています。

まだまだ途中ですが、とにかく自分の波動を上げること♪そして作品に込めることで、どれだけ渦を広めて行けるか?を現在人体実験中です( *´艸`)

波動を上げると不思議なんですけどね、本当にいろんなことがすんなり叶うようになるんです。昨日もとってもミラクルなことが起こったんですよ~♪♪

波動の上げ方を聞きたい!という方は、是非アクセサリーレッスンなどで会いに来てくださいね♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP