自分を大好きになる為のたった2つの事

アクセサリーブランドmimiperuruのコンセプトの1つでもある「自分を好きなる」ということ。それは、私自身が「自分を好きになる」ことが目標を叶える近道だと実感したからです。
ピンクの色の説明や、カラットのセッションの中では「自己肯定感」「自己受容感」とも表しています。ピンク色には、幸せを感じたり、自己受容を高める効果があるよ〜とお伝えしているのですが、それでも「自分を好きになれない」「自分を受け入れられない」との声を頂いたので、今回はもっと自分を好きになる方法についてお伝えします(^ ^)

自分を好きになると何が良いの?

自分を好きである事が正しい。嫌いである事が間違っている。ということではありません。別に、自分の事が嫌いでも本人が幸せで人生が上手く回っているのなら何の問題もありません!モーマンタイです。
ただ、仕事も恋愛もお金もまたその中のどれか1つでも上手くいかない、上手く回らないと感じている方の多くは「自分のここを直さなければ」「自分はダメな人間だ」と責めている事が多いなと感じます。
自分を好きになると、幸せだな〜♡と実感する頻度が上がって、常に満たされた状態になり、自信をもって行動出来るようになります。そうなると、不思議と望みや夢もすんなり叶う「最高だぜ〜!」な毎日を過ごせるようになります。

自分を好きになる落とし穴

私たちは、自分を好きになるために、自分に自信を持つために、ついつい「頑張ろう」としてしまいます。
・今より、資格やスキルを身に付けることで「デキル人間」になって自分を好きになる。
・頑張って努力することで、幸せを引き寄せる。
等の行動で自分を好きになろうとしていることはありませんか?これらは残念ながら、ただの幻想です。
新しい知識を身につけた時、一定の目標をクリア出来た瞬間は自信に繋がるかもしれませんが、その頑張りが本来の自分が求めている事ではない時、新たな壁が現れた時、頑張れば頑張るほどに苦しくなって自分の事を嫌いになってしまいます。

自分の事を好きになるまで

私も、自分に自信を持てない、自分を好きになれない人の1人でした。輝いている人を見つけては、自分には魅力がないと嘆き、何かを勉強する事で補える気がしていました。常に誰かと比べては、落ち込んだり、焦ったり…。
そんなとき、ある人に言われた言葉がきっかけとなり徐々に自分を好きになる事ができたのです。
それは一言「もったいない。」でした。
あなたは既に持っているのに、ただやりたい事をやるだけで輝けるのに、ただある物に気づくだけなのに。常に、無い物を求めていて勿体無い!という言葉でした。

えーー!!そうなの?私既に持ってるの!?と衝撃を受けたのを覚えています。その日から徐々にある物に目を向け、自分を好きになるステップを踏んで来ました。

自分を大好きになるためのたった2つのワーク

そんな衝撃を受けた後、一転して自分を大好きになった訳ではありません。単純な思考回路の私でも、30年以上かけて培った「自分はダメ人間思考」はなかなか根強いものでした。そこで教えてもらったのが、自分を大好きになるためのこの2つのワークです。

①今までの自分の成功を褒める
どんな小さな事でも良いんです。日々過ごす中や、過去の経験の中でやって来た事、出来たことを全力で褒めるのです。
・任された資料作成が出来た私、天才!
・こんな可愛いアクセサリー作れる私、スゴイ♡
・今日もちゃんと起きた私、エライ!
・ご飯を作ってあげる私、なんて優しいの♡
最初は、こんなレベルでOK。笑
大切なのは他人からではなく、自分の目線で自分を褒めること。それは、自分で自分をどう思っているかで人生が決まるからです。

②ただ楽しそうな事に集中する
「やらなければいけない事」「ただやりたい事」どちらに時間を費やしたいですか?
「やらなければいけない事」「ただやりたい事」どちらをやらせてくれる彼氏、どちらが好きですか?
損得感情無しで、ただやりたい事を自分にやらせてあげる。自分自身が自分のイケメン彼氏(男性の好みはお任せしますが)となって、自分にやりたい事をやらさてあげる。
やりたい事をやっていると、ワクワクして波動もあがります。やりたい事をやらせてくれる私、サイコー♡大好き♡とじわじわと自分を好きになって来ます。
お仕事など「やらなければなら無い事」の方が時間がかかってしまい、そんな簡単にできないよ!って思われるかもしれませんが、1日に30分でも、1週間に1時間でも良いので、続ける事が大切です(^ ^)

じわじわ、じわじわと変化が起こるものなので、明日から世界が激変する訳ではありませんが、コツコツと自分を積み上げていく事が、遠回りなようで一番の近道です。是非、試してみてくださいね♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP